FC2ブログ
露的生活//コスプレ露出
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/08/20 (Tue) L&Pさんへ

コメントありがとうございます。

調べてみるとヌーディーなビーチってけっこうあるものなんですね。西伊豆にもヌーディストビーチがあるなんて知りませんでした。

自分たちだけがヌーディーになるだけなら、それこそいくらでもありますが、お仲間がいるような確立されたヌーディストビーチはそれこそ数えるほどしか無いみたいです。

お互い残り少ない夏を目一杯楽しみましょう!

あと、まだぜんぜん作成中なんですが、現在、混浴情報専用のサイトを作っています。
混浴のサイトはいろいろありますが、僕が作るものは露出好きのカップルさんと、健全なワニさんが対象なので、他とはかなり違った内容にするつもりです。

是非ともご覧になってください。

「かずとなぎの混浴生活」
http://jkfrom.x.fc2.com/

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

未分類 | trackback(0) | comment(10) |


2013/08/13 (Tue) 先週のリベンジ

P1040848 - コピー

先週北側からしか行けなかった千葉のヌーディストビーチに再チャレンジしました。
今度はヌーディストと先輩たちにいろいろとご指南を受けて、クルマの置き場や、秘密の近道を教えていただきました。

しかし、凄いとこです。
ここは。

この風景が都内から一時間であるんですよ!


P1040849 - コピー

誰もいません。
怖いくらいに。

P1040853 - コピー

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2013/08/10 (Sat) 東京湾花火大会!

今日はこれから「東京湾花火大会」です。

去年と同様、東海汽船の東京湾納涼船に乗って花火を楽しみます。

船内は階段だらけなので、去年も結構楽しめました。

乗船記念に過去画ですが、階段シリーズをアップしまっす!

CIMG3902 - コピー
個人的にはこの画像の下尻が大好きなんです!


120609_195643.jpg


CIMG1296.jpg


CIMG1297.jpg


NEC_0030_20130810101620ed2.jpg
これは神田のゲームセンターで撮ったやつ。下の階に若いゲーマーが大勢いて。
さすがにこの時はすごかった(笑)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2013/08/06 (Tue) 東京湾一周ヌーディストビーチめぐりの旅(2)

千葉を後にしてアクアラインに乗るまえのホームセンターにて

BQy2j1KCUAAqnIp_201308060927398d5.jpg

富津から衣笠インターまで、約1時間。
なぎもその近さにびっくり(笑)

三浦半島は僕らにしてみると全然馴染みがない場所です。見る景色がとても新鮮に映ります。

東京から1時間半でこんな海気分を味わえるところがあるなんて!

食わず嫌いはほんとに損ですね(笑)

最初に行ったのは「A崎」

三浦海岸の喧騒からほんのわずかのところにあるビーチです。

しかし、ここはほんとうにシークレットで、たぶん知ってる人につれていってもらわなくてはまず侵入不可能ではないでしょうか。

次に訪れたことろは三崎口にほど近い「E浜」

ここは去年もきた馴染みの場所です。

夕方になって日もかげってきたためかあまり人影もまばらになったので二人で初めてのマッパ(笑)

そうなんです。チキンな僕らは屋外でマッパになったのはこれが初めてなんです。

記念の画像です

06_20130805182013152.jpg

03_20130805181922625.jpg

07_2013080609440605f.jpg

未分類 | trackback(0) | comment(15) |


2013/08/05 (Mon) 東京湾一周ヌーディストビーチめぐりの旅(1)

10269.jpg

4日の日曜日、今年の念願だったヌーディストビーチを探検してきました。


もちろん、法治国家である我が国に、認可されたそのようなところはあるはずもありませんが、検索するとけっこうでてくるのですよね。無認可(勝手に全裸になっているだけです)ですが口コミで同好の人たちが集まるビーチが。
それも千葉や神奈川の東京から車で一時間ちょっとでいけるようなごく近いところに。

それらは通常、普通の人は立ち寄らない、というより立ち寄れない、アクセス不能に近い場所にあるために、ある種の同好家のサンクチュアリになっているようです。

裸族を自認する僕等もこれは押さえでおかねばならないと去年あたりからいろいろと情報収集してたのですが、これがやはりサンクチュアリだけあって、大体のことは解るのですが、肝心なことはやっぱり実際に行ってみなけりゃ解らない。

クルマはどこに置けばよいか、であるとか、ビーチまでの最短ルートであるとか。なにしろなぎを真夏の暑い最中、長い距離を歩かせるのは至難のワザですから。

Googleマップとにらめっこして、懇意にしてくれている隠れ家のカップルさんらに教えてもらったりとかして、予備知識を蓄えて。
そういうビーチのなかには、干潮のときだけ現れて、満潮になるとビーチが海に隠れてしまうようなところもあるらしく、そこまでならなくても潮が満ちてくると、途中の道が無くなってしまう可能性も充分に考えられるので、潮見表で満潮干潮をチェックしていかないとエラいことになるそうです。

さて、当日の朝、出がけにTwitterに今日の予定を書き込んだら、何人かの方からメールを頂き、有り難い情報を頂戴しました。こういう時に助かりますね、Twitterって。

何時ものようにアクアラインを渡って房総へいくのですが、高速を降りたら目的地まで途中にコンビニがないんです。相当な田舎なのか、インターから近いのか、
とりあえず飲み物や氷など必要なものは都内で揃えないといけません。

しかし、便利になりました。

今回、アクアラインで内房へ行き、またアクアラインを通って今度は神奈川県に入り、三浦半島にあるビーチに行ったのですが、ちょうど東京湾を挟んですぐ向こう側にみえるのですが以前なら東京湾をぐるっと回って行かなければならなくて、まあ1日で回るのはまず不可能だったでしょうが、アクアラインのおかげで房総から三浦半島まであっという間のドライブでした。

最初に訪れたのは富津インターから降りて10分ほどのところにある「I崎」

去年は北側から行ったのですが、今年は南側から行くつもりで田んぼの道端に車を止めて支度していたら、なんだか地元の住民がこちらにきてなにやら様子をうかがい始めました。
するとPカーやスーパーカブに乗った、お上が僕らのまえを通り過ぎてビーチに向かって走っていくではないですか、チキンな私はそこで挫折…。

しかたがないので去年と同じ北側からいくことにしました。

でもここからですと、同好の士がいる目的地まで暑い砂地のビーチを延々と2キロ近く歩かねばなりません。

とりあえずほんの入り口にテントを張って撮影開始!

01_20130805181918541.jpg

02_20130805181920083.jpg

このあと、暑さに負けて早々にビーチを後にしました。

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

べんぞう600

Author:べんぞう600

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

黒ねこ時計 くろック E01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。